知っていて損はない!ボトックス副作用【重篤なものはありません】

知っていて損はない!ボトックス副作用【重篤なものはありません】

サイトメニュー

費用には差がある

ボディ

ほとんどが軽い症状のみ

ボトックスは注射をするだけで整形をしたような効果を出せることから、プチ整形と呼ばれています。メスを使わずにできる整形として人気が高まっています。ボトックスは体の色々な部位に使えるということと、いくつかの悩みを解消できるという使用範囲の広さが特徴です。そのため、ボトックスの費用の相場は使われる部位や使い方によって違いがあります。最も多く使われている顔のシワとりの場合には、使う薬剤の量が少ないということもあり、パーツひとつ当たり10000円から50000円ほどになっています。整形手術の中では、お手頃な価格帯であると言えるでしょう。ボトックスは使う製剤により価格に違いがあり、同じような作用がある製剤の中でも、品質の違いなどでかなり価格が変わってきます。そういったことも関係して、同じ施術でもここまでの価格の開きがあると考えられます。またボトックスは自由診療になるので、クリニックが自由に金額を決められます。特に決まっている基準はないので、この相場よりも安いところも高いところもあります。顔のシワとり以外には小顔や多汗症治療、足痩せなどの目的でも使用されます。この時には使用量が多いということも関係して少し価格が高くなります。費用の相場は100000円から300000円ほどかかるところが多いようです。このように費用はお手頃な分野に入りますが、注射をするだけとはいえボトックス副作用があるということも覚えておかないといけません。重篤なものはありませんが、場合によってはボトックス副作用が起こることがあります。ボトックス副作用は注射によるものと、薬剤の影響によるものがあります。注射をする時には針を刺す必要があるので、どんなに気をつけていても血管を傷つけてしまう可能性があります。この時の血管というのは、皮膚の内側にあるもので、細い血管の一部です。メスを使った手術ではないので、大きな血管を傷つけることはありません。そのため、血管を傷つけたとしても大量出血をするようなリスクはなく、内出血をする程度です。内出血が起きても目立たない部位であれば、影響は少ないのですが、目立つ部位の時にはメイクで隠す必要が出てきます。ほとんどの内出血は数日間のうちに消えていきますし、目立たない程度のものです。そして、ボトックスは施術直後からメイクをすることができるので、クリニックから帰る時にはメイクをして内出血の跡をかくすことができます。薬剤の影響によるボトックス副作用には、よく起こるものとして頭痛があります。頭痛は発生メカニズムがはっきりとはわかっていませんが、筋肉のバランスが乱れることで出ると考えられています。ボトックスは筋肉の動きを麻痺させて効果を出す種類の薬です。そのため、シワをなくしたり細くしたりするために、体の一部の筋肉が強制的に動かないという状態にします。これが体にとっては急激な変化となり、その状態に慣れるまでは、他の部位に力が入ったりしてしまうことがあるようです。いつもと違う状態ということで疲労感が出ると、それが頭痛につながるということです。そのため頭痛の症状もほとんどが数日以内には消失していきます。

注射

基本は安全な薬剤

ボトックスは基本的には安全ですが、質の悪い薬剤を使った場合や、注入する量などによってボトックス副作用が出ることがあります。副作用を起こさないためにはクリニック選びが重要で、ホームページで薬剤や医師についてしっかりチェックするといいでしょう。

顔に触れる女性

注射器だけで大きな変化

ボトックス副作用の少ない、安全性に優れたボトックス注射が大変人気です。メスを使う様な大掛かりな施術をすることなく注射器だけで大きな変化を手に入れることが出来ます。またボトックス副作用はドクターのレベルが関係してくるので注意しましょう。

女医

メスを使わず安心施術

簡単な施術で悩みを改善出来るボトックス注射が大変人気です。まれに効果が強く出過ぎてしまうと表情の出しにくさなどボトックス副作用が出てしまう場合もありますが一時的なものとなっています。気になる場合はクリニックに相談をしましょう。

Copyright© 2018 知っていて損はない!ボトックス副作用【重篤なものはありません】 All Rights Reserved.