知っていて損はない!ボトックス副作用【重篤なものはありません】

サイトメニュー

メスを使わず安心施術

女医

どの様な副作用があるのか

年齢と共に出来てしまうしわを何とかしたいと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。そんな方にぜひ受けて頂きたいのがボトックス注射です。ボトックス注射で使われるボトックスはボツリヌス菌から抽出したたんぱく質の一種です。ボツリヌス菌を加工してつくられる為、毒素が影響することもなく安心して施術を受けることが出来ます。このボトックスですが、神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを抑える効果を持っています。その結果、筋肉部分に注入することで脳から筋肉に動けといく命令を阻害することが出来、筋肉の動きをコントロールすることが出来るでしょう。この効果を利用すれば小顔効果や若返り効果を得ることが出来るので、美容の面で大変有効なものになっています。そんなボトックス注射ですが、ボトックス副作用が心配という人もいるのではないでしょうか。やはりどの様な施術であっても副作用が少なからずある為、ボトックス副作用が気になる人もいるでしょう。このボトックス注射は実は美容整形の中でも大変安全性に優れた施術であり、ボトックス副作用も少ない施術となっています。その為、簡単な施術で安全面でも優れているという事から美容整形の中でも大変人気の施術です。やはり美容整形はメスを使用するしないに関わらず見た目を変える施術ですから、副作用がどの程度出るのかとても気になるところです。その中でも副作用が少ないボトックス注射は施術を受ける人が大変多くなっており、現在では老若男女年代関係など施術を受ける人が多くなっています。ではボトックス注射を受ける場合、具体的にどの様なボトックス副作用が出てしまうのでしょうか。まず、ボトックス注射は筋肉の動きを抑制する効果があると先にも述べましたが、必要以上に効果が出てしまえば動くべき筋肉が動かなくなってしまい、顔であれば能面の様に表情の無い顔になってしまう場合もあるでしょう。通常であればドクターが必要な量を調整し、適切な場所に数箇所注入していきますが、ボトックス注射の経験値が少ない未熟なドクターであれば誤った量を注入してしまう可能性もあるでしょう。その結果効果が強く出てしまい、表情が出しにくいというボトックス副作用が出てしまう場合もあります。また、その他のボトックス副作用としては施術箇所の痛みや赤みなどがあります。他の施術よりも痛みや赤みが少ない施術ではありますが、中には施術箇所が赤く腫れてしまったり鈍い痛みがあったりする場合もあるでしょう。その場合でも時間の経過と共に痛みや腫れなども徐々に改善していきますし赤みや腫れもそれ程大きくない為目立ちません。それでも気になる場合はクリニックに相談することをおすすめします。ボトックス注射の効果は一時的なものであり、永久に続くものではありません。ボトックス副作用も同様に永久的に続くものではない為、少し時間を置くことでほとんどの場合改善されます。しかしやはりボトックス副作用が出てしまうリスクはゼロではないので、施術後のアフターケアをしっかり行ってくれるクリニックを選ぶことが大切です。簡単な施術で優れた効果を発揮してくれるボトックス注射で笑顔を取り戻しましょう。

Copyright© 2018 知っていて損はない!ボトックス副作用【重篤なものはありません】 All Rights Reserved.